よか石けんで皮脂対策

よか石けんで皮脂対策

然(しかり)よかせっけんで、過剰な皮脂対策をするコツをまとめてみましょう。

 

なぜ皮脂が過剰になるのか

肌の皮脂は悪役にされがちですが、もちろん皮脂膜にはきちんとした役割があり、
汗などと混じって天然のクリームとなって外部からの刺激や角質の剥がれなどを防いでいます。

 

このはたらきが度を越して過剰に分泌される皮脂によって
バランスを崩すと、脂性肌になっていろいろなトラブルを招きます。

 

その原因は10代などの思春期のホルモン活動でなければ、生活習慣の中にあることがほとんどです。

 

ストレスや寝不足、偏った食事もそうですが、一生懸命行っているスキンケアが
間違ったスキンケアであった場合にも皮脂の過剰分泌は起こってしまいます。

 

使っている洗顔料や化粧品などをもう一度チェックしてみて、
本当に自分の肌が体質なのか、それとも後天的な要因なのかを判断しましょう。

 

皮脂の摂り過ぎが皮脂を生む

オイリー肌はとても不愉快ですし、根こそぎ取ってしまいたいと思う気持ちもわかります。
でも、これが間違いの元となっているのがほとんどです。

 

強い洗顔料で洗うと一瞬さっぱりする気がしますが、すぐにつっぱって余計に皮脂過剰になります。
かといってあまり洗浄力のないものではスッキリしませんね。

 

よか石けんは不必要な皮脂には厳しいですが、必要な皮脂には優しい石けんです。
このバランスこそが、皮脂対策の一番のポイントなのです。

 

脂性肌には石けんが一番

肌の専門家でもある美容皮膚科の医師なども、脂性肌の洗顔料としては石けんがベストだと言っています。
というのも、石けんのほうが洗顔フォームよりも添加物が少なく刺激がないからなのですが、
よか石けんはそれ以上に完全無添加主義ですから、何よりも理想的な洗顔石けんと言えます。

 

特に皮脂の多いTゾーンには厚めに、頬や目、口のまわりは薄めにといったように、
泡の使い方にも工夫すると良いでしょう。

 

あまり洗いすぎも良くありませんので、朝夕2回、よか石けんで丁寧な洗顔を続けてみてください。