よか石けんは完全無添加宣言

よか石けんは完全無添加宣言

然(しかり)よかせっけんは、その洗浄力の高さもさることながら、
原料の厳選にこだわった安心の製品であることも大きな魅力になっています。

 

洗顔料などはものによっては信じられないほど肌に悪い成分が含まれている場合もあり、
肌に残ると大変なトラブルを招いてしまうものも流通しています。

 

安価だからと言ってあまりいい加減な洗顔料などを使っていると、後々皮膚科へ通うことになってしまう場合も。
自分の大事な肌ですから、自分でしっかり守るためにも良い洗顔料を選ぶようにしたいものですね。

 

よか石けんは完全無添加宣言

よか石けんを作っている長寿の里では、よか石けんに限らず、すべての商品に対して
素材の選定からこだわり、原料の調達から製造まで一貫してキャリーオーバー成分を含まない
安全な商品をユーザーの手元まで届けることを宣言しています。

 

キャリーオーバー成分というのは、直訳すれば「持ち越された化学物質」という意味。

 

何かのエキスを取り出す際に、アルコールや安定剤、酸化防止剤、防腐剤などを使って
原料を安定させることがあり、そうした抽出中に配合される化学物質を指してそう呼んでいます。

 

2001年の4月に化粧品の全成分表示が義務付けられたにも関わらず、
実はこのキャリーオーバー成分には表示義務はありません。

 

一見消費者が安心出来るように見える法律でも、成分表示を見ただけでは、
まだまだ消費者が本当の実態まで知ることは出来ないというのが現実なのです。

 

長寿の里は、こうしたキャリーオーバー成分についてまで無添加保証をしているわけですね。

 

本当に一切の化学合成物質を使用していないものは
ノンキャリーオーバーと言われますが、まさによか石けんはその製品。

 

製法から管理まで非常に手間ヒマもコストもかかりますが、よか石けんはそうして作られているのです。

 

地元の人の情熱が生んだ製品

自然素材を活かした製品を作りたいと願う優良なメーカーはたくさんあります。
でもそれはとんでもなく過酷な道で、多大な企業努力と研究開発力を必要とするものです。

 

長寿の里によると、よか石けんの前例のない製法を可能にしたのは、志をともにする地元の人々だったということ。

 

地元生産者の方々とメーカーとか価値観を共有し、
熟練の技と情熱が合致した時に生まれたのがこの製品なのですね。

 

丹精込めてひとつひとつ手作りされている優良な製品には
日本人のものづくりへの想いがぎっしり込められているのです。